こんにちは!
繋ぎ人だからこその岡井尚之です。


講座の最中、何度でもお伝えしていることではありますが――

マインドマップに対する勘違いというか、誤解についてマップに描いてみました^-^

マインドマップに対する誤解

マインドマップに対する勘違いのBEST3
1.上手に描かなければならない
2.描いたらすぐに整理できる
3.ブランチはたくさん広がったほうが良い


1.上手に描かなければならない
これは大半の方が思われていることの一つで、ぼく自身もマインドマップをしっかり学ぶまではそう思っていました。

上手に真ん中のイメージ(セントラルイメージ)が描けていることが
素晴らしい!
良い!

というように。

しかし、実際のところ上手に描くのは何のためでしょうか?

セントラルイメージは自分自身を表しているので、丁寧に描くことは推奨されてはいますが、何がなんでも上手に描く必要はないと思っています。

なぜなら、上手に描くことがマップを描く目的ではないはずだからです。

ところが、そのことに気付かずマップをただ惰性で上手に描こうとしていたり、ワンパターンで描こうとしていると、描いて満足するパターンにはまってしまいがちなので、描くときには以下の問いかけを自分に対してすることをオススメします。


なんのために今描こうとしているのか?

なぜマインドマップで描こうと思っているのか?

現状と目的を把握した上で、他に有効な描こうか?




2.描いたらすぐに整理できる
こう思っている方もけっこういます。

無意識で
「この一枚を描いたら整理したかったことが整理できる!」
という思い込みを持って描き始めるのですが…

描いてみたら箇条書きノートと変わらなかったり、余計に混乱してしまったりして、

「マインドマップは自分には向かない、合わない」

と言って、すぐに諦める方をこれまでたくさん見てきました。

また、それ以上に
一枚描いただけで整理(理解)ができた!!
と思い込み、勘違いしてしまう場合も同じくらいあって、どちらかというと個人的には後者の方が描いたマップを活かすという意味では、活かせない習慣ができてしまっている点では重症だと感じています。



3.ブランチはたくさん広がったほうが良い
実際にマップを描いていると、ブランチをたくさん伸ばしたくなります。
(これにはちゃんと理由があるのですが、それについては知りたい方は個別にきいてくださいね)

しかし、ブランチがたくさん広がるかどうかは全然問題ではなくて、むしろ全く広げることができなかったという事実や、広げなくても大丈夫だと感じたことの方が重要だったりします。

!?それって、どういうこと!?

という感じがするかもしれませんが、

要するに
自分自身のテーマに対する現状
マップを描き慣れているかどうか

次第で、ブランチが広がっていくかどうかは変わっていくのです。



以上、簡潔にまとめてみましたがいかがでしょうか?



実際に独学で描いているはいるけれど思ったように描けない方

一度は学んだけれど自分にとってでマップを描けない方

もっとマップを活かしていきたい方



下記リンクバナーよりお問い合わせください^-^

お問合せ