こんにちは!
繋ぎ人だからこそ 岡ちゃんです。

先日受講生の方からシェア会のポイントについてご質問いただきました。

そのことが大事なポイントだと感じ、
受講生用メルマガに配信したところ反響が良かったので、
こちらでも共有させていただきます^-^



=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

この話を進める前に…

そもそもみなさんは、
シェア会のポイントは何だと考えていますか?

………

……





ぼくだったら、
まずどういう場にするのかを決めるということを必ずします!


それを決めてからやるのとやらないとでは、
スタート時の雰囲気も違いますし、
意識度も全然違います。


決める内容として、たとえば
・描いたマップをシェアする

・わからないことの質疑応答タイム

・一緒に同じテーマで描く

・1つのマップにまとめる

などがあると思います。



最初の頃は
「何のためにシェア会にするのか?」
という目的を決めてからやっていたのですが、

やっていくうちに
それぞれ参加する目的が本当は違うこと
がわかってきたのです。


そして、
そのことに気付いてから
ある1つの目的ではなく、

それぞれが参加する目的を決めてもらった方が、
気付きが満載の面白い会になっていくという(*^ω^*)



あと、マインドマップを続けていく工夫のポイントは、

自分にとって続けたいと思うような工夫をしているのか?

に向き合い続けることだと感じています。


それこそ工夫の方法は無限にあります。

自分はその無限にある方法から何を選択して、実践していくのか?
そこが大事なんじゃないか、と。




じゃあ、
ぼくだったら自分にとってに向き合うための工夫として、
主に挑戦したことを毎月報告し合える場を創ります。

20150804魅力発見会議2


ぼくもそうだったのでよくわかりますが…

だいたい続けれない人は、
できなかった理由を必ず口にする傾向があります。

「マインドマップを描く時間がありませんでした」

「よくわからなくて描くことができませんでした」


つまり、
できないことややれなかったことにフォーカスしてしまっているので、
どんどんできない自分に自己嫌悪していってしまうようです。



いつまで経っても自分に向き合えずにいる自分が
大好きならそれでも良いです。


でも、
少しでも続けたい・使えるようになりたいと思うのであれば、
たった1つだけでもできたことにフォーカスする習慣を創っていくことをオススメします。


そして、
そのできたことを報告し合える場をすると、
出来ている自分が実はいることに気付いていけるし、
お互いの良いところを吸収できる絶好の機会にもなりえるとぼくは感じています。


=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



いかがでしたでしょうか?

「こういうのがシェア会だ」
という定義はないと思います。


その上で、
まずはそのシェア会にどんな姿勢で関わりたいのか?

それを参加する前にみなさん自身で決めておくことをオススメします。



東京近郊ではぼくが参加するシェア会を実施しやすいですが、
それ以外の地域では難しいのが現状です。

なので、
みなさんからも

「こういう感じのことを企画して欲しい!」とか

「わたしの住んでいるところでも実施してほしい!」とか

ご意見ご要望があれば、
お気軽にご連絡ください^-^

連絡方法については、
こちらからお問い合わせください。


みなさんからのご要望
楽しみにお待ちしています!!

岡ちゃん