こんにちは!
繋ぎ人だからこその岡ちゃんです。


ところで突然ですが、
みなさんは毎月決めて会っている方はいますか?

ぼくは2年前から
定期的に会っていただけている方が今まで1人だけいました。

ご縁が繋がった当初からずっと仲良くさせていただいている
千葉の兄貴、ジャンボさんこと鈴木憲治さん。

じゃあ、
「ジャンボさんってどんな人?」
ってきかれても…実は説明が難しい方です(笑)

が、つい最近ジャンボさんのことを取材された
この記事がとっても素晴らしいのでシェアさせていただきます(^-^)/


で、毎月会ってから今日話す内容を決めていくゆる~い会で、誰でも参戦オッケーとしています。

最近その会に、またまた大好きな山ちゃんこと山田朋広さんが駆け付けてくださるようになり、とっても良い感じ♪

山ちゃんのことも語り出すと止まらないので、また近いうちにご紹介させていただきます(^-^)/


また新たな出会い

そして、ジャンボさんとの会以外に、今年の5月に出会ってから、毎月決めて会っていただけている方ができました。


じょうさん。
FullSizeRender


とってもカッコ良くて、気さくで。
でも、強い意志を持っていて、今ではぼくの憧れの存在でもあります。


じょうさんと出会ったキッカケは、ぼくのマインドマップの師匠である倉橋先生のご実家で、今年の5月にあったBBQのとき。

たまたまお互いすすんでお肉を焼いていたときにお話する機会ができ、そこからなのですが…

もうじょうさんと話し合えば話し合うほど嬉しくなりらテンション上がりまくり!!
最後の方はずっとじょうさんに引っ付いているくらいに(笑)


なんで嬉しかったかというと、
マインドマップをぼくとは全く違うアプローチで、家族で楽しみながらマインドマップを活かしている話を伺えたから

言葉にしてしまうと、
えっ、それだけで!?
という感じになってしまうかもしれませんが、とにかく嬉しかったんです!!


この感覚をすぐに感じる方もいれば、だいぶ経ってから強く感じる方もいて。

ジャンボさんはどちらかというと後者でしたが、じょうさんは前者でした。


その出会いのとき、『この場限りにはしたくない』と思い、改めてその月にもう一度会っていただけるようにお願いして。

そのときに毎月会っていただけるようにさらにお願いしたら、快諾してくださって今に至ります。



マップが描けないってダメなの?

ジャンボさんとの集まりのときと同じように毎回テーマはなく、お互いが好きなように話して聴いてをやる感じ。


今回は、ぼくが先月末~今月初旬まで
実はマップが描けなかったこと』
をシェアしました。

正確には、
お題だけ書いた
のですが、それ以上が全く描けず…

あとから描いたものがありますが、未だに描けないものがあり…

もちろん描き方を忘れたわけでもなく、描く時間がないわけでもない


こんな感じの相談を時々受けますが、ぼくにとってのこの感じは2年振り(^◇^;)



描けないことはなんも問題ないですよ。

むしろ、描けないと思ったときに自分がどう感じているのかに向き合うことの方が大事なんです。

だから、白紙であることも大事なんです。


そうやってお伝えさせていただいていますが…
いざ自分の立場になっていると向き合えきれないもんなんですね。。


実際に、じょうさんに白紙の状態のも見ていただき、そのとき自分がどんな状態だったか聴いていただいたところ


「岡ちゃん、一言いいかな?」

「はい、なんでしょうか?」

「白紙のところに回数が記録してないけど、これは記録した方が良いと思う!」

「!?」

「記録するに値するマップだと、岡ちゃんの話を聴いて感じたよ。どうかな?」


まさにぼくが講座でお伝えしていることだった。


それをいつもは伝える側だったけど、伝えてもらえる側になって初めて、
なぜ空白でも良いのか?
がわかった感じ!


今回のぼくの場合は、
無意識のうちに描けない状態の自分の価値を下げてしまっていて、

このマップには価値がない
→だから、記録する価値もない
→そんな自分にも…

という思考になっていたようだ。





これは自分1人だけでは気付けなかった!!


思ったことをそのまま伝えてくださったじょうさん、本当にありがとうございました!!


やっぱりこうやって思ったことを伝え合える人がいてくれているって有難い。

特に、ぼくはこれまで思っていたことを伝えれないまま終わってしまうことしかなかったので、余計にそう感じた時間でした。

FullSizeRender_1

こんな状態のマップがここ最近続いていました(笑)

 

ん~。

この感じ、また1つステップアップできる感じがして、
とっても良い感じ♪(((o(*゚▽゚*)o)))


岡ちゃん