こんにちは!
繋ぎ人だからこその岡ちゃんです。

前々回前回
の続きになります。



何度やってみてもできるようにならない


ここまで2回続けてお伝えしておきながらなのですが、

「じゃあどうなったらできるようになるのか?」

に対する答えをぼくは持ち合わせていません。


正確には、

みなさんにとっての
できるようになるための方法

に対する答えです。


それはなぜか?


なぜなら、
このことは講座でも繰り返し口酸っぱくお伝えしていること
でもありますが、

そもそもみなさんとぼくとでは

全然現状が異なるのです。


日常生活はもちろんのことですが、

住んでいる場所

今一番熱中していること

これまでの経験

今持っている知識

仲の良い友人

今大切にしていること

などなど


正直、挙げればきりがないのです。

つまり、現状が違う人に対して、
仮にぼくができるようになった方法をお伝えしたとしても、

それがすぐに使えるとは限らない

ということです。


たとえば、
あなたが捕まえた20cmくらいの魚を食べようとしたとします。
あなたならどのように食べますか?

仮に熊や鳥にアドバイスをきけたとしたら
どんな答えが返ってくると思いますか?

おそらく…

「そのまま飲み込むんだよ♪」

と言われるかも!?


また、別の例で、
あなたがお茶を摂取しようとしたとします。
あなたならどのように摂取しますか?

まさかお箸がどんなに万能だからといって、
お箸をつつきながら食べたり、

毎回30回噛みながら摂取する
なんてことはおそらくしないのではないでしょうか。


したがって、
いろいろな状況次第で選択枝も変わってくるのです。


だからこそ、まず講座の初めに
メインテーマに向き合ってみることを
みなさんに提案させていただいたいるのです。

なんだったか覚えていますか?


すでにあるものを

日常生活で

活かす


いきなりマインドマップを使おうとして
挫折してしまう人の必勝パターン。

それは自分自身の環境・状態を考慮に入れないまま
日常生活に無理やり取り込もうとしてしまう。

日常生活の中で、仕事が終わるのが遅くて
いつも帰ってからすぐに寝てしまうような人がいたとします。

そんな人がいきなり帰宅後に
初めてチャレンジすることに取り組み続けることができる
と思いますか?

やり始めた当初は
やる気やモチベーションだけでなんとかできるかもしれません。

しかし、一度できないことがあると
そのままズルズル引きずってしまって
結局『忙しい』ことを理由にやらなくなってしまうのがオチです。

ぼく自身もこれまで学んできたことで続かなかった大半は
このパターンにいつの間にかハマっていて、
そのままにしてきたことでやらなくなっていました。

速読・筆文字・コーチング

今思い出せば、
講座やセミナーのときのテンションが続いている間は毎日やっていて、
どれも1週間も経たないうちにやめてしまっていました。。



以上のような経緯がある中で、
じゃあ学んでいることを実践し続けたいことがある場合に
試し続けていただきたいことがあります。

それが、マインドマップ5つの心得の中で一番重要である

楽しむ工夫

です。


あなたは楽しむ工夫を日常生活に取り入れていますか?

『楽しむ』主体はもちろん
あなた自身です。





=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

3回シリーズでお届けした内容はいかがでしたでしょうか?

日常生活で取り入れることができている人と
日常生活に取り入れる前に挫折してしまう人

両者ができる分岐点


それは、

できている最中
よりも
「できない」と思った後

前者は、
自分にあったアプローチを探し始める
何度もチャレンジするのに対して

後者は、
その時点で「わたしには合わない」
と言って諦めてしまう。


あなたはどちらのタイプでいたいですか?


これも選択です(*≧∀≦*)

選択



ぼくは前者でいることを決めました♪


岡ちゃん