<<前回のつづき

みなさんがこれまで継続しようと思ったときはどうだったでしょうか?

ちなみに、ぼくの場合は振り返ってみるとこんな感じでした。

〜継続できるとき〜
・初心を大切にした
・気軽な気持ちでスタートした
・よくわからなかった

〜継続できないとき〜
・目的、目標を明確にした
・気合を入れた
・好きなことだけをやろうとした



あと、昨年夏に気付いたことですが…

ぼくはけっこう心地良さを求めていること。

昨年7月にマインドマップがまったく描けなかったとき、
その原因は
見たくないテーマがわかってしまう気がして描くのが怖かったのでは?
と捉えていました。

しかし、
昨年11月11日からスタートした感謝日記をやってみて、
別の要因があったことがわかったのです。

感謝日記については、
これまで7年前から何度もやってみました。

ところが、
どんなに続いても2ヶ月が最大で、
時には1週間も続かなかったことがあります。

その続かなかったときに共通するパターンを思い出してみると…
・夜寝る前にやる
・100均でとりあえずそろえたノートを使う
ということをやっていたのです。

そこで、
今回は後者のノートを揃えるところから、
いつもとは違う選択をしてみました。

マインドマップを描くときに愛用しているニーモシネ。
そのA5ノートを購入して書いてみると…

めっちゃくちゃ書き心地が良い!!

さらに、ペンは妻オススメのボールペンを使うとさらに書き心地良さがアップ!!!

そうしたら、
すらすら文字が書いていけるので、
3ヶ月以上経った今でも続いています♪


で、
この後マインドマップを描こうと思ったら、
あまりの描き心地の悪さにイライラしている自分を発見!

何に描き心地の悪さを感じていたかというと、筆ペンだった。

もう長いこと使っていたので、
どのペンもかすれてしまって、
思うように描けなくなってしまったのです。

そのときハッと思い出したのが、
ペンのかすれを感じるようになったのも、
ちょうどマインドマップが描けなくなった昨年7月より少し前からだったという…


「扱う道具選びから大切ですよ」
と最近はお伝えしているけれど、
まさに自分自身が改めてその大切さを実感したのです。

文房具



マインドマップを描くときでいうと、
一番もったいないよくあるパターンは、

「描けるようになったら道具を揃える」
というパターンです。

もちろんその方が自分にとって上手くいく人はいいですが、
これまで講座をお伝えさせていただく中で感じているのは、

○○が揃ってから

○○ができてから

○○する時間がつくれてから

などと言っていた人で、
その後描いている人はほとんどいないということ。

そう言うことで
描いていないこと
できていないことに対する言い訳なっている

そんなことはこれまでにありませんか?


ぼくは言い訳することが必ずしも悪いとは思っていません。

ただ、言い訳していることに気付けないままだと、
いつまで経っても先に進めない事態に陥りがち。

無意識でしてしまっている言い訳は、
どんなときでも気付かないうちに使っていまっている可能性が高いので。

言い訳に耳を傾けてみると、
本当は自分はどうしたいのか?
どうありたいのか?
その答えが返ってきて面白いですよ。


是非みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。