現在旬なテーマ第2弾は
マインドマップが描けなくなる要因
です。

このテーマについては、過去すでに記事を書いていますが、更新した内容もありますので、再度アップします。


さて、いきなり描けなくなる要因についてお伝えする前に、まずはみなさんに自身のことについて振り返ってみましょう。


下記に質問10項目があります。

その質問について、必ずメモするしてから先に進むことをオススメします。
なぜなら、頭の中では整理しきれなかったり、わかったつもりになりがちなので。

memo_pen

Q1.
これまでに自分で「何かやり続けることができた!」「身に付けたい習慣をつくることができた」などという経験はありますか?
(短期的なものでもOK!)

Q2.
それはいつ頃やった、またはやり続けているどんなことですか?

Q3.
そのことを始めるきっかけはなんだったですか?

Q4.
やり続けたことは1人だけで続けましたか?それとも、他の人と一緒に続けましたか?

Q5.
やり続けたことはどんなタイミングでやっていましたか?朝or昼or夜?それとも、時間帯に関係なく?

Q6.
やり続ける、できるようになるためにあなたが工夫したことはありますか?

Q7.
逆に思うように続かなかったことはありますか?

Q8.
どんなことが続かなかったですか?

Q9.
あなたはどんなことを意識して続けようと思っていましたか?

Q10.
続けるのをやめたとき、どんな理由でやめましたか?

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ちなみに、ここまで読んであなたは書いてからここまで読み進めていますでしょうか?
それともまだ書いていませんか?

ここでお伝えしたいのは
『すぐに書かた方が良いですよ』
という話ではありません。

だって、手元に書くものがないかもしれませんし、やっぱり一通り読んでから書こうと思ったかもしれません。

ここで大事なのは、
その何気無い1つの選択が、あなたにとっての日常生活に大きな影響を与えているかもしれないということです。

たとえば、
「後からやればいいっか」
と思った方は普段から先延ばしにする習慣があるかもしれません。

また、
「とにかく書いてみよう」
と思って書いてみたものの、書いてそのままやりっぱなし。
やりっぱなしの習慣があるかもしれません。


要するに、どんなことをまずお伝えしたいかというと、
あなたにとって最良の方法は自分で見つけるしかない
ということです。

「それがわからないから悩んでるんじゃないかー!」

「自分で見つけようと学んでいるのにできないから苦労してるんだよー!」

という声が聞こえてきそうですが…

補足を加えると、
あなたにとっての最良な方法は

あなたの中にすでにあるものを
あなたの日常生活の中で
あなたが実践することで

自分で見つけるしかない
ということです。


つまり、

本当に現状のあなたに合ったアプローチをしていますか?

他の誰かの真似だけではなくて。