マインドマップ21日間チャレンジ♪
 
これまで何回チャレンジしたことか……
 
 
最初は一人。
 
その次は、三人。
 
その次は、グループで。
 
 
今回のように、突然やりたくなるときは一人でやり始めるんですが……
 
やっぱり一人でやっているとつまらないので、ここにシェアすることにしました(^^ゞ
 
 
 
今回のテーマは、
『正解』
です。
 
正解ってなんだろう?

正解ってなんだろう?

 
正解と聞いて、
みなさんならどんなことをイメージしたり、
感じたりしますか?
 
ぼくの場合は、
正直これまで良いイメージはありませんでした。
 
親や先生、上司から
一方的な正しさを押し付けられ
昔から反逆しまくっていたので。
 
 
今回このテーマを選んだのは
妻からのオススメ本を読んでいて
 
「このテーマで描いてみたい!」
 
と強く感じたから。
 
 
マインドマップを描くテーマは
人によって違うかもしれませんが、
ぼくは結構「描きたい!」って
閃いたときに描くことが多いです。
 
よく初心者の方で失敗するのが、
いきなり本題に迫るようなテーマを
描こうとして挫折……
 
あるあるな話ですが、
この話は別のときにでも。
 
 
話は戻しますが、
正解・正しさ・大義名分って
諸刃の剣だとぼくは思っています。
 
使い方によっては便利だけど、
便利が故に良かれと思ったことが
実は相手によっては……
 
 
つまり、
 
自分にとっての正しさが
相手にとって正しい
 
とは限らないってこと。
 
 
当然、そのことはみんな知ってます。
知識としては。
 
勤勉な方は本を読んでいたり、
著名な方の話を聴いたりして
知っていると。
 
でも、
知っていていると分かっている
この違いって理屈で思っている以上に大きいんです。
 
ぼくはそのことを
マインドマップを始めた当初に
初めて思い知りました。
 
 
 
そういえば、
思い返してみれば
ぼくが人間関係でごたごたするときは
《お互いの正しさが衝突したとき》
のような気がします。
 
 
お互い譲れないものがある
 
それだけ言えば聞こえは良いですが、
 
今思えば
譲れないのに自信があれば
相手を責めることもないし
当然自分を責めることだってないはず。
 
お互いに譲れないもののの存在にさえ
本当に気付いて理解していれば。
 
 
そういう経験をたくさんして
やっぱり大事になるのは
いきなり相手を理解しようとしないこと。
 
まずは相手を理解しようとする源
 
つまり、
自分自身が不安定だと
受け取れる情報
発信できる情報
すべてが不安定になるから。
 
 
ここのチューニングをするとき
 
ぼくが頼りにしている道具の一つが
マインドマップ
であり、
 
第三者とのシェア
なんだなって、
記事を書きながらしみじみと感じました。