東京・神奈川を中心にして全国16箇所でマインドマップ講座を開催

【はじまりのまち編】頭の中にある宝地図を思い描くマインドマップ講座(初心者向け)

はじまりのまち編

〜プロローグ〜

あなたはある想いを胸に

きっかけの集まるまち

「はじまりのまち」

を訪れることに決めた

きくところによるとそのまちには

あらゆるキッカケの場があるらしい

そんな素敵なまちに伝わっている

ある話が

いまも心に引っかかっている

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

あるふたりの旅人が

同じタイミングで

はじまりのまちを訪れた

ふたりとも共通の成し遂げたいことがあり

それを実現するためにやってきたのである

ところが、

半年後奇妙な現象が起きた

片や、

まちで得たキッカケをもとに

夢を叶えるための大冒険に意気揚々とまちを出ていき、夢を次々に叶えていった

それに対して

もう一方は

何も得られないままなかなかまちを出ることができず、いまも同じようなまちをさまよっているらしい

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

この違いは何だろうか?

わたしはどっちの人間なのだろうか?

不安と期待を抱いたまま

はじまりのまちに

足を踏まえることにした--

=====================

 

宝地図があれば財宝は手に入る?

少し想像してみてください。

あらゆる財宝が眠っているとされる地点を示している宝地図

をあなたは手に入れました。

宝地図

果たして、あなたはそれだけで
財宝を見つけ出すことができるでしょうか?

財宝=夢、目標、目的

宝地図=目的を達成するまでのプロセス

 

しかし、宝地図には決定的な情報が抜けています。

それは何だと思いますか?

そうです。

今のあなたがどこにいるのか?

という情報は載っていないのです。

 

では、なぜ宝地図が成り立つのかというと、そもそも財宝を隠した人は自分が今いる位置がどこなのかを分かっていたからこそ、宝地図を描けたのです。

つまり、財宝のありかを明確に示している宝地図を手に入れたとしても、

【今いる位置や状態】= 自分の現状

がわからなければ、
その宝地図も宝の持ち腐れになってしまう可能性があるのではないでしょうか。

どんなときでも重要なことはあるかもしれませんが、

大半のことは時と場合によって、その価値や意味合いがガラッと変わってきます。

たとえば、

眼鏡は基本的には見えないものを見やすくするための、とっても便利な補助器です。

ぼくも視力が極度に悪いので、いつもお世話になっています。

ぼくのように視力が落ちている人にとっては、眼鏡は欠かすことのできない必需品です。

その一方で、視力が良くて眼鏡がそもそも必要ない人にとっては、逆にかけることによって見えにくくなってしまいます。

また、遠慮が美学という国もあれば、自由が美学という国があります。

このように、国が変われば価値観が異なるように、人によっても価値観や状態が異なるので、どちらが良い悪いというのは一概にはいえないのです。

ある人が良いといったから!

栄養価の高い食べ物でカラダに良いから!

健康に良いから!

といって、

それがイコール

あなたにとって良いものになるかどうか

とは、全く話が異なるのです。

 

なぜマインドマップを使うのか?

このような背景がある中、

世の中には良いとされる情報が本やインターネット上で溢れかえっています。

ある本では

「食事は3食摂った方が良い」

といっているのに対して

別の本では

「食事は1日1食で十分だ」

といっていて…

その言葉だけをそのまま受け取れば、全く正反対のことを言っているようにしかきこえてきません。

そういったようなパターンは他にもたくさんあるので、

ただ単に

あの有名な先生がいっているから

とか

あの有名人が使っていたから

とか

成功者と呼ばれる人がやっていたから

とか

そういったことが、
そのまま今のあなたにとって適用できることなのか?したいことなのか?

 

今のあなた自身を活かしたいのであれば

これらのことは、

いつかは向き合う必要があるテーマ

だとぼくは日々感じています。

 

そのことを踏まえ、

だったら今の自分に何が出来るのか?

を考えるにあたって、
自分の現状をまず認識する必要が出てきます。

認識するアプローチは世の中にたくさんあると思いますが、ぼくはその中でもマインドマップという

頭の中でイメージ・思考していることを見える化するツール

を活用しています。

 

今みなさんはどのように

自分の現状と向き合っていますか?

 

はじまりのまちってどんなまち?

はじまりのまちと聴いて、みなさんならどんなまちを想像しますか?

私のイメージでは、
自分が動くことによって初めて自分の物語がスタートする場所

そんなイメージです。

たとえば、
ワンピースでいえば、主人公である麦わらのルフィが生まれ育った村を出なくて、物語が進んでいくでしょうか?

スターウォーズでいえば、ルークが住んでいた家から遠出してオビワンを探しに行かなくて、物語が進んだでしょうか?

 

つまり、何が言いたいのかというと、

ただその場にいれば自分の欲しい情報やスキルが手に入ったり、仲間が見つかったりするわけではない。

自分にとってで行動して、初めてそれらを手に入れるきっかけを掴むことができるのです。

 

だからこそ、私の講座ではきっかけをたくさん用意してありますが、それらに気付いて自分にとって必要なものを選択し、活かしていけるかどうかは、すべて受講生の方が選択できるようになっています。

なので、もしかしたらそこに行けば必要な情報がわかりやすく手に入るものだ、と思っている人には手抜きをしていると思われるかもしれません。

 

自分にとってで受講してくださった方々が、よく言ってくださる嬉しい言葉があります。

講座を受けている最中はわかったつもりだったことが、しばらく経って日常生活の中で初めて腑に落ちていってます。

つまり、私にとってはわかりやすい講座よりも、講座が終わったあと、受講生の方々にとってでマインドマップを活用してくださるような講座にしたいのです。

 

わかりやすいことは、もちろん講座をする側の講師としては大事かもしれません。

が、わかりやすいということはわかったつもりにもなりやすいのです。

わかったつもりになると、それ以上理解しようとか、学ぼうとかという意識はなくなり、未消化のまま放置され…

いざそのわかったつもりなっていたことを実践しようとしても、理解していくために必要なことを聴き逃したり、実践を怠ったりしたため、実践できないまま終わる。

みなさんもそんな経験はありませんか?

 

私はマインドマップを除いてそんな経験しかありませんでした。

著名な本を読んだり、講座・セミナーに参加したりして、素晴らしい話やスキルを学べたとしても、それを日常生活で活かせた経験が27歳まで1回もなかったのです。

そんな経緯があるので、どんなにツールが素晴らしくても、活用できなければ単なる知識でしかないということも、身にしみています。

だからこそ、講座では「素晴らしいことを学べて良かった」で終わるのではなく、みなさんにとっての日常生活で活かせるように、5年以上かけて試行錯誤して創りあげたプログラムをご提供いたします。

 

>>受講料について

>>講座の開講情報について

 

お気軽にお問い合わせください(初回はメールまたはFAX) TEL 090-9663-7186 受付時間:24時間(メール)

PAGETOP
Copyright © 繋ぎ人だからこそ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.