この質問は独学でマインドマップを勉強された方からよく頂くご質問です。

全てではないですが、

箇条書きで書くケースは、
講演会やセミナーでのメモ取りとしてマインドマップを活用したときがほとんどです。


講座でもお伝えしていることですが、
どういう意図でマインドマップを使ってノート取りをするのか?

これが腑に落ちていないままマインドマップを活用しようとしても、上手く使いこなすことはできません。

ちなみに、ぼくは講演会やセミナーではほとんどマインドマップでメモ取りはしません。
それにもちゃんと目的があります。


箇条書きでメモをとる方が良いとき
マインドマップでメモをとる方が良いとき
など

目的やそのときの現状に応じて、活用するツールを選択する必要があります。


マインドマップを書いているつもりで、箇条書きのようになってしまう方は、
どういう意図でノート取りをするのか?
を今一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

ここで1つアドバイスをさせていただくとしましたら、

基本的に、
ブランチに乗せるキーワードは1単語で書く!

実はこの心得は、
連想を広げるときに必須の心得だったりします。